FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USツアーその後のワシ②

2011年6月29日
上関原発反対を30年訴え続けて来た祝島の人たちの中国電力前座り込みデモに参加してきました。

寝坊して9時に着いたらいきなり右翼の街宣車が4台、こちらに向かって文句いいまくってました。

広島パンクスでただ一人参加してくれたPERSEVEREのポッツは顔を引きつらせながら右翼の街宣車に向けて脱原発のプラカードを掲げてました。

ポッツは心優しいパンクスです。モヒカンで刺青バリバリだけど気が超弱いです(笑)。
そんなポッツが頑張ってる姿にはちょっと感動しました。
祝島のおばちゃんたちにも人気でした♪ 若い娘には人気なさそうでしたが(笑)

右翼の人たちも最初はガンガン威嚇してくるだけでしたが、そのうち「たしかに原発は危ない。だからこそ、それに代わるエネルギーを作ってもらうよう中電を応援しよう!!」なんて言ってました。
右翼も左翼も市民も誰も本当は原発なんかいらないんです。
原発で得られる莫大な利益に群がる一部の権力者たちだけが推進派なんです。
誰だって放射線の恐怖に晒されたくないし、原発の必要性のウソはもうみんな知ってるんです。
交付金で町の活性化を望む人たちだって原発以外の方法があれば、もちろんそっちの方がいいと思ってます。

この日は中電の株主総会の日でもあり、新社長「苅田」の就任の日でもありました。
脱原発を支持する株主の方々に応援を送り、座り込みを続けましたが、中電は推進の姿勢を崩さなかったようです。
前社長で会長に就任した山下は推進、反対派、両方の人たちに謝りたいと言ってたようですが、何を謝るのでしょうか?
相変わらず推進一辺倒の中電が何を?

本当に謝るの気があるのなら推進派の人たちに安全を売りに騙して来た事実を詫び、原発立地交付金に代わる自然エネルギー立地推進による町の活性化を後押しすることが電力会社として必要なのではないでしょうか。

反対派の人たちには上関原発の白紙撤回を表明することが本当の謝罪に繋がると思います。
祝島の島民の会の山戸さんも謝罪なんかいらないから原発計画を白紙にしてほしいと言っておられました。

一見、流れは脱原発のように写るこの日本ですが各地の電力会社は推進のままです。

もう二度と騙されないようにオレたちが変わるべきだと思ってます。

アジアの人たちを欧米の支配から解き放ち、大東亜共栄圏設立を謳い文句に多くの人たちを騙してきた軍産複合体という名の権力構造は戦後、原産複合体として安全と安定した電力供給を謳い文句にエネルギー戦争を続けてきたのではないでしょうか。そして私たちは騙され、依存し続けてきたのではないでしょうか。

66年前の戦争末期、「オキナワ」で起こった悲劇で日本人は戦争の愚かさに気づけませんでした。そして「ヒロシマ」に原爆が投下された後でもそれは同じでした。そして「ナガサキ」の悲劇の最中、日本は初めて降伏を受け入れる会議をしていたと聞きます。

もう時代は21世紀なんです。
フクシマを最後に核の時代を終わらせましょう!!

そして一刻も早く福島第一原発を収束させ、東北の復興を!!
それが真の日本の復興に繋がると信じています。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ORIGIN OF M

Author:ORIGIN OF M
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。